宇宙船 (不登校から学ぶ会)

次回の例会は2019年11月10日(日)                           13時30分〜16時 です

例会は毎月第二日曜日です

8月はお休みです

初めての参加をご希望の方は、お問い合わせフォームもしくは、下記メールアドレスにご連絡ください。

uchusen1@gmail.com

 

マスコミも最近では、

子どもからのSOSと思われるような 腹痛・頭痛・朝起きられないなどの身体症状があったり、

「学校にいきたくない」と子どもが言った時は、無理せず休ませた方がよい という報道がされるようになりました。

 

8月25日にNPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワークの全国大会に参加しました。

「普通教育確保法」が2016年に成立してから、

「不登校は問題行動ではない、不登校児童生徒が悪いという根強い偏見は払拭するように」と言う全国通知が文科省から発出されています。

 

にもかかわらず、子どもは勿論 先生や親にもその通知は届いていないように感じています。

 

不登校をしている子どもが、「自分は悪いことをしている、自分はだめな人間だ」と思っているとしたら、いつまで家で休んでいても元気になることはないでしょう。

 

 

自分の子どもが不登校となればどうしてよいのか分らないという声は 宇宙船にもたくさん寄せられています。

 

もし、学校に行かなかったとしても、子どもが学ぶ機会、

その子らしく生きていく道は保証されなくてはいけません。

 

学校に戻るということを第一の目的にしてしまうと、もしかしたら子どもの持つ本来の力を殺してしまうことにもなりかねません。

 

 

それでも我が子が突然学校に行かれなくなったら 悠長にはしていられないと思います。

「少し休ませるって、少しっていつまで?」

「休ませて、本格的に行かれなくなってしまわないの?」

不安や疑問が湧いてきます。

 

子どもも親もひとり一人違いますから、こうすれば絶対という答えはありません。でも ほかの人の話の中にヒントがあります。

 

ひとりで悩まずに お話ししてみてはいかがでしょう。

 

 

継続してご参加の方は改めて、ご連絡はいりません。

例会日に直接、会場にいらしてください。

 


宇宙船は毎月1回例会を開催して 活動を続けています。

母親の参加が多い宇宙船ですが、お父さんはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん、不登校を経験された方、学校や塾、フリースペースなどで子どもに関わる方など 色々なかたが参加されています。

 例会は毎月第二日曜日です。

(8月はお休みです。) 

 

 

横浜にある宇宙船以外の 親の会 及び フリースペース

 

宇宙船以外にも 活動をしている親の会やフリースペースがあります。それぞれのページをご覧の上 是非ご参加ください。

 

親の会パレット 

 

 毎月第2木曜日 10:00~12:30

   ひらつか市民活動センター2階研修室

 (JR平塚駅 南口 徒歩2分)

 

フリースペース い・ず・み 

(クリックすると詳細が見られます)

  ○フリースペース(保護者の懇談会同時開催)

  毎月第2金曜日 10:00~13:00

  いずみ中央地域ケアプラザ

 (相鉄線いずみ中央駅 徒歩5分)

 ○親の会

  毎月第4水曜日 10:00~12:00

  社会福祉協議会「泉ふれあいホーム」

 (相鉄線いずみ中央駅 改札横)